印鑑
落款印
オリジナル
表札

会社概要

当社は明治33年に開業以来四代目で100年を経過しました。
昭和三十九年に有限会社として法人登録し、現在四代目と一緒に営業に携わっております。

先代から受け継いだ確かな技術を守りながら、新しい商品の開発やお客様へのサービスの向上に努めております。

また、全日本印章業組合連合会・社団法人全日本印章業協会・全国印章彫刻技能士会に所属し印章文化の存続と技術向上に貢献しています。


会社名 有限会社大谷印舗
(ゆうげんがいしゃおおたにいんぽ)
所在地 埼玉県川越市連雀町15番地7 地図
TEL:049-222-3336
FAX:049-222-9384
設立 昭和39年8月1日
創立 明治33年
代表者 大谷 和也 (おおたに かずや)
従業員数 4人
業務内容 印鑑・ゴム印・軽印刷物の製造販売、表札・印章関連品販売
関連団体 全日本印章業組合連合会・社団法人全日本印章業協会・全国印章彫刻技能士会
  特定商取引法(通信販売法)に基づく表示

印鑑の役割

印鑑はその人を表し、その人の財産を守ると共に新しい財産を築くために存在し使用されるべき物であります。その過程において、信頼・信用が生まれ証明につながります。「印守信証」(印を守る事は信頼の証に通じる)

 

当社の信念

「印守信証」の理念に基づき、常に最高の技術で「唯一無二」の製品をお届けします。
お客様の立場に立ち最良のサービスを心掛けます。日本の社会に深く根付いた印章文化を大切に守り続けます。


印守信証の理念

【印】個人個人が唯一無二の存在である様に、印鑑はそのしるしであり、存在の証になる。

【守】印(しるし)を守るということは、自分自身を守り財産を守ることである。

【信】しっかり守られた印(しるし)があることにより信頼・信用が生まれる。

【証】信頼ある印(しるし)によって個人が証明され、信用の証になる。

上記の四項目は互いに関連し印鑑が唯一無二であればこそ確立され、そうあるべきである。

印影確認サービス
花の印章」はもちろん、実印・銀行印などの印鑑や、オーダーゴム印も自社で製造しておりますので、お作りする前に印影確認のご要望にもお応えしております。
プライバシーの保護
有限会社大谷印舗では、お客様からお預かりした大事な個人情報を、第三者に譲渡または利用することは絶対にございません。安心してご利用下さい。