印鑑
落款印
オリジナル
表札
文字の大きさは最小どのくらいの大きさから作れますか?
5.5ポイント(2mm位)の文字から作れます。
線の太さはどのくらいの細さまで作れますか?
最小0.5ポイント(0.1764mm程度)まで作れます。
ゴム印のサイズは最大どの位の大きさまで作れますか?
160mm×160mmの大きさまで作れます。
Photoshopでデーターを作るときに注意する事は?
Photoshopのバージョン5〜CSまで対応しております。

解像度は300dpi〜600dpiにして下さい(600dpi推奨)。 
最後にモノクロ2階調にして下さい。

Illustraterでデーターを作るときに注意する事は?
Illustratorのバージョン8からCSに対応しております。

文字はアウトライン化して下さい。

トリムマーク(トンボ)は必要ですか?
必要ありません。できればない方が良いです
GIFでも入稿できますか?
GIF形式では画像が荒れてしまうためゴム印の版下には適しておりません。
Macで作っても大丈夫ですか?
Mac、Win、どちらにも対応しております。
イラストゴム印は朱肉も使えますか?
はい。 当店のオーダーゴム印は「クリスタ」という耐油性の高い樹脂ゴムを使用しておりますので、 朱肉の他にも特殊なスタンプ台もご使用いただけます。
ゴム部分だけ欲しいのですが(台木は不要)
ゴム部分だけでも対応いたしますが価格は変わりませんので予めご了承下さい。
但し数量がまとまる場合はご相談下さい。
両面テープをつけるなどの対応もいたしますので必要に応じてご指示下さい。
ゴム印面・台木のカットの指定は可能ですか?
申し訳ございませんがゴム印・台木のカット等に関するご指定はお受けできません。全て手作業で正確なカットが困難なためです。イラストゴム印はギリギリの大特価設定でもあり、詳細なご指定はお受けできませんのでご理解いただきまして予めご了承下さいませ。
通常ゴム印は印面内容にそってゴム印をカット(裁断)します。
入稿データに余白がある場合も印面内容に合わせて小さくカットしてしまいますのでご注意下さい。
データの余白はゴム板にしたときに空白となり、カットの際にガイドとなる線が残らないのでデータ通りに余白を残してカットする事が出来ないのです。台木はできたゴム印に合わせてカットします(ウッドエースのべ台の場合)既成の台木があればそれを使用します。
画像を反転する必要はありますか?
いいえ。反転する必要はありません。捺した時のイメージでご入稿ください。
特殊なインキ(プラスチック用・金属用・布用など)に使用しても大丈夫ですか?
大丈夫です。イラストゴム印に使用するゴムは「クリスタ」という合成樹脂です。タートスタンプ台やバーサクラフトといった特殊なインキでもご使用いただけます。また印鑑に使用する朱肉も使えます。
作製したイラストゴム印を商用として販売してもよろしいですか?
はい、当社で作製させていただいたイラストゴム印をお客様の方で販売していただくこと自体は問題ございません。

但し、イラストゴム印は基本的に個人実用向けの大特価商品であり卸し商品として値引き等はできません。また販売用の商品として作製に関する細かなご指定はお受けできませんので予めご了承下さいませ。

また、イラストゴム印のご注文に関しましては当社とお客様(当社から見た発注者。以下お客様とします)との直接取引きとなります。従いまして、当店からご指定の送付先に発送することは可能ですが、発送者名は当社(大谷印舗)になります。発送者名を当社以外に変えての発送はトラブル防止のためお受けできませんので予めご了承下さいませ。

当社はお客様からご入稿いただいた版下でゴム印を作製し発送させていただきますが、当社からお客様への納品以降の販売等に関しましては当社で補償・責任等は負いかねますので全て販売者様の責任においてお願い致します。
万が一不良品がでた場合、商品に関しては補償いたしますがお客様と第三者との間で発生した送料等及びトラブルに関しましては補償できませんので、第三者に販売する際には検品するなど商品のお取り扱いには十分にご留意下さい。

※内容・数量(500個を超える大口)等によってはお受けできない場合もございますので、別途お問い合わせ下さいませ。販売に際しましては、お客様オリジナルの内容にてお願いいたします。第三者に版権・著作権のある物の販売等、違法と思われる場合は製作をお断りさせていただく場合もございます。
ゴムの彫り(深さ)や厚みを変えられますか?
いいえ。
ゴム印の全体の厚みや彫りの深さの調整は出来ませんので予めご了承下さい。

ゴム印全体の厚さは約3ミリとなります。
彫りの深さは深いところで約1〜1.5ミリですが、線の空間が狭いところでは極々浅い彫りになり、実際にスタンプするとインキのにじみや圧力で潰れてしまう可能性が高くなります。
また、極細の線などはゴム印面は形成されてもスタンプする際に捺す圧力に耐えられず線がよれてしまったりと強度的な問題が出る可能性がございます。
上記の事項を予めご考慮いただきまして印のデザインをお願いいたします。

次のようなデザインの場合はご注意下さい。

・白抜きのデザインの場合→ 彫りが浅くなります。太めの文字や線がお勧め。
・単独で細い線がある場合→ 捺すときに線がよれる事があります。線の太さを1ポイント以上に。
ゴム印を型取り等に使用できますか?
ゴム印は普通に紙等に捺す目的以外の使用につきましては、可否も含めまして当店では補償出来ません。従いまして、ゴム印を型取り等に使用する場合はお客様の判断にてお願いいたします。

なお、当店のゴム質は柔らかめで、厚み・彫りの深さは調節できませんのでご考慮のいただきましてお申し込み下さい。
ゴム印を食品に使用しても大丈夫ですか?
当店のゴム印は、印面のベタつき防止のスプレー等を施して作製しておりますので、食品に直に使用する事は避けて下さい。
メールで添付ファイルがうまく送れません
● winmail.datになってしまう

Microsoft のメールアプリケーション (Outlook、Microsoft Exchange Client など) から、送信した場合、添付書類が「winmail.dat」になってしまう事があるようです。

対策:
「この受信者にMicrosoft リッチテキストフォーマットで送信する」のチェックボックスの選択を解除するか、メッセージを送信する前にメーラーの環境設定を標準テキストで送信するように変更するようにしてください。


● 小さい画像になってしまう

Macの標準ソフトのメールで送信した場合、添付ファイルが実際より小さいサイズで送られてしまう事があります。

メール設定対策:
メールに書類を添付するとテキスト入力画面の上または下にイメージサイズの選択欄が現れますので「実際のサイズ」を選択して送信してください。クッリクで拡大→